>>

products

Eco・Ace 小型熱分解油化装置

Eco・Ace 小型熱分解油化装置

外形寸法 W4000 x L3500 x H3400 (本体のみ)
本体重量 約8t
運動方式 バッチ式
加熱方法 バーナーまたは誘導加熱
処理時間 1サイクル(準備・昇温・反応・冷却)約6時間~8時間
処理対象 PE(ポリエチレン) PP(ポリプロピレン) PS(ポリスチレン)
処理量能力 1000L(300k/充填率0.3%とした場合)/バッチ
反応設計温度 約450℃
処理能力 50kg/日 2サイクル 約1t
価格 オープン価格
冷却水 5㎡/h (循環水)
電源 AC-3-200w 3KW
窒素ガス 6N㎡/バッチ
加熱燃料 12L/h(または電力)

point

Eco・Ace 小型熱分解油化装置 の特徴

滅菌処理されて固形化した樹脂系医療排出物(インゴット)を熱分解プロセスによってA重油相当の高品質な油に再生します。プロセスの安全性に優れているほか、
メンテナンスの容易性や油の収率性能など、極めて経済的な油化装置です。

Eco・Ace 小型熱分解油化装置 のメリット

廃プラスチック焼却回避による地球温暖化ガスの排出抑制

1原油価格高騰に左右されない安定価格での燃料油の供給

油化再生リサイクルによる循環型社会への貢献

枯渇生石油資源の代替(化石燃料→非化石燃料)

廃プラスチック埋立回避による最終処分場の延命

感染症拡大防止とエコ・情環型社会に寄与します

エボラ出血熱やSARS、鳥インフルエンザ、デング熱、そしてMARSなど、世界中で様々な感染菌が猛威をふるっています。「Eco・Ace」油化装置は、感染菌の拡大を防ぐ「Eco・Ace」滅菌器を使って医療施設から排出される滅菌完了物(インゴット)を収集し、熱分解して再生油を生成。副産物は燃料はリサイクル資源として活用でき、私たちの暮らしと地球環境に安心を届ける社会貢献システムです。